自分に合った治療法|命に係わる病気を防ぐには心臓ドックをするしかない

命に係わる病気を防ぐには心臓ドックをするしかない

病棟

自分に合った治療法

病院

がん治療には種類がいくつかあります。放射線治療・化学療法・手術です。放射線治療は癌の部位に皮膚の表面から放射線を照射することでがんを小さくさせる治療法です。がん治療の中では外来通院出来、患者のQOLを保つことが出来ます。化学療法は決まった点滴薬を決まった日程毎に投与するがん治療です。大抵28日で1クールとし、初回は入院治療を行い、副作用の様子を見ながら2回目以降は外来通院で行うことがあります。手術はその名のとおり、入院しがんの部位を取り除くがん治療です。それぞれにメリット・デメリットがあります。またがんの種類により効果も違うので、医師と相談しながらそれぞれに合ったがん治療を見つけていくことが大切です。

がん治療の種類として挙げた放射線治療・化学療法・手術には様々なメリット・デメリットがあります。放射線治療は20〜30回の照射を1クールとし、外来通院で短時間で住みます。また体への侵襲も少なく、自宅から治療をしたいという人に人気です。化学療法は28日を1クールとし、決まった日に薬剤を点滴投与します。がんに対し効果があり、2クール目以降は外来通院でも可能なため、放射線治療同様、自宅から治療したいという人に人気です。手術はがんのステージにもよりますが、そのものを摘出する手術です。根治を目指す・根治が可能な人には人気の治療法です。また、手術の前に化学療法や放射線治療を行いがんを小さくしてから手術を迎える人もいます。